アミューズメントバーを開業しよう│マジックバーやカジノバーに必要な許可とは

ルーレット

バーにも趣向を凝らしたさまざまな形態のお店が存在し、美味しいお酒とともに、われわれ酒呑みの五感を楽しませてくれています。

行政書士として数多くバーの手続きに携わらせていただいたわけですが、そんな中でも、今回はアミューズメント型のバーについてご紹介したいと思います。

線引きが難しい飲食店と風俗営業の世界ですが、本稿ではマジックバーやカジノバーといったアミューズメントバーの開業の際に必要となる許可に関して、知っておくべき法的知識について解説していきたいと思います。

アミューズメントバーとは

葉巻とブランデー

アミューズメントバーといっても、何らかの法律の条文できちんと定義されているわけではありません。アミューズメント施設とバーとが一体化した複合型の飲食店を、便宜上そう呼称しているだけです。

アミューズメントといってもさまざまで、本稿のタイトルにあるマジックバーやカジノバーのほかにも、ゴルフや卓球が楽しめる「スポーツバー」、アニメやゲームの世界とコラボした「コラボバー」、小動物と触れ合うことができる「アニマルバー」、さらにはお題となる謎を解いていく「探偵バー」なんていうお店も現実に存在しています。

このように、発想ひとつで世界が無限に広がっていくのも、アミューズメントバーの魅力のひとつだと思います。

法的な位置づけ

まず、お酒を提供するお店であることから、これらのお店が飲食店であることについては、誰も疑いを差し挟む余地はないでしょう。問題となるのは、やはり風営法、つまりは風俗営業との兼ね合いになってくるのではないでしょうか。

風俗営業とは?

ここで改めておさらいです。風俗営業とは、風営法に定められた1号から5号までの5つの形態に該当する営業をいいます。そもそも風営法は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するために設けられた法律であり、要するに風紀を乱すおそれのある行為を提供する営業を風俗営業として規制しているわけです。

風俗営業の区分

1号営業は、いわゆる「接待」を提供する飲食店です。具体例としては、キャバクラ、ラウンジ、クラブ等が該当します。この「接待」の概念が非常に重要な意味合いを持ちますので、後ほどゆっくりと掘り下げていきましょう。

2号営業は、低照度飲食店といって、客席の照度が10ルクス以下の飲食店のことをいいます。

3号営業は、区画飲食店といって、広さが5㎡以下の客席で見通しにくい飲食店のことをいいます。

4号営業は、マージャン店やパチンコ店のことであり、5号営業は、射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができる遊技設備によって客に遊技をさせる営業をいい、ゲームセンター等がこちらに該当します。

5号営業に関しては、「客に遊技をさせる営業」が重要なポイントになりますので、こちらについても後述させていただきます。

重要なポイント

ポーカー台に乗ったカウガール

さて、風俗営業についてざっくりと確認していただいた後は、重要なポイントについて掘り下げていくことにしましょう。

射幸心をそそるおそれのある遊技

カジノバーのように、射幸心をそそるおそれのある遊技を施設内で提供する場合には、5号営業の許可が必要となります。基本的には、ゲームセンターのような施設が該当しますが、アミューズメントカジノの場合にもこちらが適用されています。

遊技であればどんなものでも風俗営業の対象となるかといえばそうではなく、「射幸心をそそるおそれのある遊技」を提供しているかどうかがポイントになります。

スロットマシン・メダルゲーム

射幸心をそそるおそれのある遊技の代表格のような、いかにもギャンブル的な設備ですが、これらを設置するバーに関しては、当然のことながら5号営業許可が必要になります。

ビデオゲーム

これらを設置するバーに関しては、ゲームセンターと同様に、やはり5号営業許可が必要になります。また、「ファミコンバー」のように、家庭用ゲーム機を設置する場合にも、やはり5号営業許可が必要です。

さらに気をつけていただきたいのは、著作権法との兼ね合いです。

実は過去に、著作権を持つゲームメーカーの許可を得ることなく不特定多数の客に対して家庭用ゲームソフトをプレイさせたとして著作権法違反による摘発を受けた事例が複数件ありました。

メーカーの許可を得ることは、風営法の許可を得ること以上に困難です。一見するとお手軽かつ集客しやすい「ファミコンバー」ですが、メーカーと深い信頼関係にあるなど、特別なケース以外では避けた方が無難でしょう。

カードゲーム

バカラやポーカーといえば、ギャンブルの王道です。風営法施行規則第3条においても、トランプ台が風俗営業の規制対象となる設備であることが明文化されているため、トランプを使用した競技を客に興じさせる場合には、5号営業許可が必要となります。

同様に、花札やサイコロ等を使用するゲームについても5号営業許可が必要となります。その他のカードゲームやボードゲームについては、ゲームの性質などで個別に判断されることになります。

ビリヤード

ビリヤードに関しては、健全な屋内スポーツの範疇として、特に風営法の適用は受けません。同様の理由により、ボーリングについても風営法は適用されません。

デジタルダーツ・シミュレーションゴルフ

こちらに関しても、風営法に適用はありません。ただし、設置する場合には、以下のような条件が付されます。

  • 従業員が目視できること又はモニターで遊技設備の状況が確認できること
  • ダーツマシンやシミュレーションゴルフ以外の遊技設備を設置しないこと
ダーツバーについて

10%ルール

ショッピングモールやホテルなどの一角にゲームコーナーが設けられているところをご覧になったことがある方は多いと思います。このようなゲームコーナーにおいては、10%ルールというルールを利用して、風俗営業の許可を受けることなく営業していることがほとんどです。

上に掲げている風俗営業の許可を必要とする設備であっても、ゲームコーナーの床面積が、客席床面積(1フロア)の10%を越えなければ、風俗営業の許可を取得する必要はありません。

これはバーであっても同様で、例えば店舗の隅っこにポツンと1台スロットマシンが設置されているような場合、スロットマシンの専有面積が客席床面積の10%以内であるならば、風俗営業の許可は不要ということになります。

5号営業の許可について

接待の有無

風営法では、接待について厳しく規制しており、これを営業として行う場合には、風俗営業として1号営業の許可を受けなければなりません。

この接待行為について風営法では、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」と定義しています。何もキレイなお姉さんが水割りを作ったり親しげに話しかけたりすることのみを接待というわけではありません。

まぁこれだけでは、何のこっちゃようわからんとのお声があるでしょうから、アミューズメントバーの特性に合わせた具体例をあげて考察していくことにしましょう。

ショウ等

特定少数の客に対して、専らその客の用に供している客室又は客室内の区画された場所において、歌舞音曲、ダンス、ショウ等を見せ、又は聞かせる行為

ここ、結構重要です。

マジックバーで例えましょう。ホテルでのディナーショウのように、不特定多数の客に対し、同時にマジックを披露する行為は接待には該当しません。

ただし、客室や各テーブルを回ってマジックを披露するとなると、これは接待に該当することになり、やはり1号営業の許可が必要となります。

遊戯等

客とともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為

ここも重要なポイントです。

ここはダーツバーで例えます。既述のとおり、デジタルダーツは条件さえ守って設置すれば風営法の適用は受けません。

ただし、これはあくまで客が自らダーツに興じる場合であって、従業員が客と対戦しようとする場合は、接待に該当することになり、風俗営業として1号営業の許可が必要となります。

1号営業の許可について

遊興について

遊興とは、読んで字のごとく、遊び興じることをいいます。では、どんな行為が遊興に該当するかといえば、次のとおりです。

  • クラブ
  • ダーツバー
  • スポーツバー
  • ライブハウス
  • 生バンド演奏
  • ショーパブ

上に掲げたものはあくまで一例であって、要するに遊び興じることは、すべて遊興に該当する可能性があります。

これらの遊興は、射幸心をそそるおそれがあるともいえず、また、たとえ接待を提供していなかったとしても、風営法上の許可を受けなければならなくなる場合があります。

  1. 設備を設けていること
  2. 客に遊興をさせること
  3. 客に酒類を提供すること
  4. 深夜(午前0時から午前6時まで)に営業すること

具体的には、上記の条件をすべて満たす遊興施設については、特定遊興飲食店として、風俗営業と同じように、都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。

この規制は、飲酒と遊興による享楽的な雰囲気により客が深夜まで騒ぎ立てることで近隣住民との間にトラブルを発生させないようにするためのものです。

警察庁公式サイトにおいて該当非該当をチェックできるページがあるので、営業しようとされる業態が特定遊興飲食店に該当するかどうかを確認してみてください。

警察庁公式サイト(外部リンク)

特定遊興飲食店について

必要となる許可

スロットマシン

さてさて、ここからは応用編です。

ここまでお読みいただいて、ご自身が開業を目指すお店のイメージは出来上がってきましたでしょうか?

それでは問題です。トランプ台とディーラーを設けて、客にポーカーを興じさせるバーを営業するために必要となる許可は何でしょうか?

(そもそも飲食店なんだから飲食店の営業許可も必要だな。トランプ台を設けてポーカーを興じさせるわけだから、5号営業の許可も必要になりそう。ん?待てよ。あ、客と一緒に遊戯に興じるのだからコレは接待に該当するのかも?ここはやっぱり1号営業の許可?)

正解はすべてです。

アミューズメントカジノの場合、客が自発的に遊興するような形態でもない限り、1号営業と5号営業の両方の許可を取得する必要があります。(大阪府の場合)

まぁせっかく両方取得するのであれば、バニーガールなんかも配置して、一緒にゲームを楽しんでもらうようなお店にしちゃうことも選択肢としてはありですよね。

重要なことは、「どんなサービスを」「どんな形態で」「いつまで(営業時間)」提供するのかという点です。

加えて、両立する営業形態と、両立させることができない営業形態があるという点にも注意しましょう。

上の例でいえば、1号営業と5号営業のように、風俗営業間において営業形態を両立させることは可能です。ですが、風俗営業と深夜営業、もしくは風俗営業と特定遊興飲食店とは、営業形態を両立させることができません。

これは、風俗営業のお店では深夜営業を明確に禁止しているのにも関わらず、届出をすることや許可を受けることによって深夜営業を行うことができてしまうような矛盾が生ずることを防止するためです。

以前、京都府において風俗営業許可と深夜営業とを合法的に両立させているお店があると又聞きの又聞きくらいで聞いたことがありますが、深夜0時を境に従業員や客を総入れ替えして完全に営業を分断するなど、かなり特殊なケースであるならば、ワンチャン両立もありうるのかな?とは思います。

ただ実際問題は不可能に近いですし、その分手続きやその後の取締りも厳しくなることは間違いないので、ワンチャン狙いはまったくお薦めしません。笑

未成年者の入店はOK?

5号営業であるゲームセンターであれば、条例による規制はあるものの、日中は小中学生でも入店が可能です。

ただ、1号営業として営業を行っているカジノバーであれば、必然的に「18歳未満入店禁止」となります。

お酒を提供するしないに関わらず、純粋なゲームセンターという形態のお店でもない限り、ここは「18歳未満入店禁止」にした方が無難であるように思います。

深夜営業について

まとめ

トランプ

アミューズメントバーという括りで、開業のために必要となる許可についてご案内させていただきました。ここに掲げていない中では、例えば「アニマルバー」なんかでは「動物取扱業」の許可が必要になりますし、「シガーバー」であれば「たばこ小売業」の許可が必要となります。

結局のところ、どのようなサービスを提供したいのか、具体的にイメージすることが重要です。

弊所では、皆さまが開業したいお店に合致する許可に関するサポートを行っております。面倒な事前調査から警察署とのやり取りまで丸投げOKです。尼崎市や神戸市の阪神間をはじめ、明石市や姫路市などの兵庫県内のほか、キタ・ミナミ・十三・堺など大阪府下での風俗営業許可申請も取り扱っております。柔軟な対応には自信があります。風俗営業許可取得でお困りの際は、ぜひ弊所までお気軽にご相談ください。

1号営業許可165,000円~
5号営業許可198,000円~
飲食店営業許可38,500円
アミューズメントバー開業フルサポート(上記すべて)242,000円
特定遊興飲食店営業許可176,000円~
深夜営業届出77,000円~

カジノバーやマジックバー開業の際のご相談はお気軽に♬

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、川西市、大阪市、豊中市を中心に兵庫大阪の全域に対応可能です。

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020 または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

事務所の最新情報をお届けします