新宿歌舞伎町の看板

風俗店を利用した経験がない人は、実はほとんど存在していないのではないでしょうか。

「いや。自分はそんなお店に行ったことはない!」

恐らく「風俗店」をいわゆるピンク系の性風俗店として認識されている多くの方からは、このような反論を受けることが予測されます。

しかし、世間一般の「風俗店」に対するイメージとは異なり、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)という法律において定められる「風俗営業」は、実は身近に存在する営業形態です。

ここでは風営法で定められた「風俗営業」の全体像についてざっくりと解説しています。厳しい罰則もつきまとう営業形態ですので、実際に風俗営業に携わろうとされている方は特にしっかりと確認するようにしましょう。

なお、ピンク系の性風俗店については同じく風営法において「性風俗関連特殊営業」という別の業態としてカテゴライズされています。本稿でも軽く触れさせていただきますが、より詳しくはこちらの記事でご確認ください。

「性風俗関連特殊営業」とは?今さら聞けないフーゾクのこと

風俗営業の業態

風営法第2条1項では、風俗営業の営業形態について定義しています。この条文はさらに1号から5号まで列挙してあり、行政機関や行政書士はこの「○号」の部分を取って「○号営業」と呼称しています。

1号営業

キャバレー、待合、料理店、カフェその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

(風営法第2条第1項1号)

風俗営業の中でも唯一「接待」が許容されている業態です。「社交飲食店」や「接待飲食店」とも表現されることがあります。ここに挙げた営業形態のほかには、キャバクラやホストクラブなどが該当します。

1号営業の営業許可について

接待飲食店営業許可丨キャバクラ・ラウンジ・スナック等の新規開業について

2号営業

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った営業所内の照度を10ルクス以下として営むもの(1号営業に該当するものを除く。)

(風営法第2条第1項2号)

店員による接待の無い低照度飲食店のことです。10ルクスとはおおむね「上映中の映画館」くらいの明るさです。具体的には10ルクス以下の明るさで営業するバーやライブハウス、クラブなどが該当します。

3号営業

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5㎡以下である客席を設けて営むもの

(風営法第2条第1項3号)

区画席飲食店といわれる営業形態で、カップル喫茶がこれに該当します。「設備を設けて客に飲食をさせる営業」「他から見通すことが困難」「広さが5㎡以下である客席を設けて営むもの」であればマンガ喫茶やインターネットカフェも該当する可能性があります。

4号営業

マージャン屋、パチンコ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

(風営法第2条第1項4号)

この条文で例示されているように、雀荘とパチンコ店が該当します。当然のことながら4号営業の許可を受けたからといって、店内において客に賭け事をさせることは禁じられています。

5号営業

スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

(風営法第2条第1項5号)

ゲームセンターやカジノバーが該当します。4号営業と同様に、5号営業の許可を受けることは、店内において客に賭け事をさせることを許可するものではありません。

性風俗関連特殊営業

性風俗関連特殊営業とは、店舗型性風俗特殊営業、無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業、店舗型電話異性紹介営業及び無店舗型電話異性紹介営業をいう。

(風営法第2条5項)

店舗型性風俗

1号営業

ソープランド

2号営業

ファッションヘルスなど

3号営業

ストリップ劇場・ポルノ映画館など

4号営業

ラブホテル

5号営業

アダルトショップなど

6号営業

政令で定める(出会い喫茶)

無店舗型性風俗

1号営業

派遣型ファッションヘルス

2号営業

アダルトビデオなど通信販売営業

映像送信型性風俗特殊営業

アダルトサイト

店舗型電話異性紹介営業

テレフォンクラブなど

無店舗型電話異性紹介営業

携帯電話を利用したテレフォンクラブなど

特定遊興飲食店営業

特定遊興飲食店営業とは、ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興をさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(客に酒類を提供して営むものに限る。)で、午前6時後翌日の午前0時前の時間においてのみ営むもの以外のもの(風俗営業に該当するものを除く。)をいう。

(風営法第2条11項)
  • 設備を設けて
  • 客に遊興をさせ
  • 深夜0時以降にお酒を提供する

3つの条件にすべて当てはまる営業をする場合は、特定遊興飲食店に該当します。条件を満たすナイトクラブ、DJバー・ライブハウス・ショーパブ等が該当します。

特定遊興飲食店営業について

スポーツバー・ナイトクラブ・ライブハウスをはじめる前に│特定遊興飲食店営業開業ガイド

注意すべき点

接待の有無

接待を提供するお店については飲食店であっても1号営業にあたります。接待とは、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこととされています。

風営法における接待について

風営法における接待とは

店内の明るさ

店内の照明が10ルクス以下であれば接待を提供しない飲食店であっても2号営業に該当します。10ルクスとは、上映前の映画館くらいの明るさです。

客室の広さ

客室を設けて営業を行う風俗営業には、それぞれ床面積などに細かく規定がなされています。また、広さが5㎡以下である小さな客席を設けて飲食を提供するスタイルのお店は3号営業に該当する場合がありますのでご注意ください。

ダーツやゲーム機などの設置

店内にダーツやゲーム機などを設置している場合は4号または5号営業に該当する可能性がありますので、この辺りについても注意が必要です。

深夜営業

風俗営業では、午前0時から6時までの営業を禁止されています。この規制を逃れるため、風俗営業ではないかのように装って深夜に営業するグレーゾーンのお店も存在しますが、厳しい罰則がありますのでそのようなことはやめましょう。

風俗営業と深夜営業の関係について

接待営業と深夜営業(キャバクラとガールズバー)

深夜営業飲食店について

深夜営業飲食店について(深夜における酒類提供飲食店営業)

禁止される行為

深夜営業の禁止

風俗営業者は、午前0時から午前6時までの深夜においては、その営業を営んではならない。

(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第13条)

ただし、各都道府県が条例で地域や業種を定めることなより、午前0時より制限することも延長することも可能です。

風俗営業全般の禁止事項
  1. 名義貸しの禁止
  2. 客引きをすること
  3. 客引きのため、道路その他公共の場所で人の身辺に立ちふさがり又はつきまとうこと
  4. 営業所で18歳未満の者に客の接待をさせ又は客の相手となってダンスをさせること
  5. 営業所で午後10時から翌日の日出時までの時間において18歳未満の者を客に接待させること
  6. 18歳未満の者を客として立ち入らせること
  7. 営業所で20歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること(20歳未満の客が持参した酒類やたばこを飲んだり吸ったりさせることも含む)
マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターにおける禁止事項
  1. 遊技の結果に応じて商品を提供すること(パチンコ店を除く)
  2. 現金又は有価証券を商品として提供すること(パチンコ)
  3. 遊技の用に供する玉・メダルその他遊技球を営業所外に持ち出させること
  4. 遊技の用に供する玉・メダルその他遊技球の保管証明書を客に発行すること

場所の制限

風俗営業には営業場所に制限が設けられており、次の用途地域において、保護対象施設からそれぞれ一定の距離がある場所でしか営業をすることができません。また、この要件の詳細は、各都道府県の条例により異なりますので、物件を探す段階で必ず確認するようにしてください。

用途地域
  • 商業地域、近隣商業地域
  • 工業地域、準工業地域、工業専用地域
保護対象施設
  • 学校、図書館、児童福祉施設
  • 病院、入院施設のある診療所 など

これらの施設から一定の距離以内においては風俗営業を行うことはできません。

営業許可

風俗営業を営もうとする者は、営業地を管轄する警察署を経由し都道府県公安委員会に対して許可の申請をしなければなりません。

また、性風俗関連特殊営業を営もうとする者は、営業地を管轄する警察署を経由し都道府県公安委員会に対して届出をする必要があります。

まとめ

風俗営業は規制が厳しく、営業場所や営業時間について多くの制限を受けます。このため規制を免れようと業態を偽って営業するお店も後を立ちません。それぞれの業態についてメリット・デメリットがありますので、どの業態を選択するかはよく吟味するようにしましょう。

弊所では、飲食店営業許可、風営法上の許可、深夜における酒類提供営業の届出について、ご相談、代理申請等のサポートを取り扱っております。基本料金については、以下の通りですが、コロナ禍における現状も十分考慮します。初回相談は無料。お見積りも無料にて承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

接待飲食等営業(クラブ・ホストクラブ・キャバクラ等)低照度飲食店(喫茶店・バー等)区画席飲食店(カップル喫茶)営業許可165,000円~
マージャン店、ゲームセンター220,000円~
無店舗型性風俗特殊営業届出(デリヘル、AVの通信販売等)映像送信型性風俗特殊営業届出(アダルトサイト等)77,000円~
特定遊興飲食店営業許可(ライブハウス・ダンスクラブ等)176,000円~
※税込み