接待営業と深夜営業(キャバクラとガールズバー)

歓楽街のイメージ画像

この記事にたどり着いていただいたという事は、恐らくはナイトビジネスに興味があるか既に何らかの関わりを持っている方、そうでなければ私の友人くらいのものでしょう。

私自身わかりやすい体育会系気質ですので、若い頃は先輩や後輩との交流の場として、いわゆる夜のお店をよく利用させていただきました。

正しい運営がなされているお店については、これからも社交の場として存続していただきたいというのが行政書士、もとい酒飲みの本音です。

ご自身のお店、これから開店しようとするお店を正しく運営していくためにも、まずは法令による規制を正しく理解するように心がけましょう。

キャバクラとガールズバー

カクテルの画像

キャストが横についてお酒を注いでくれるのがキャバクラ。カウンターで女性がお酒を作ってくれるのがガールズバー。何となくガールズバーの方がライトな印象がありますよね。どちらも法令上は飲食店に該当します。そしてこんなイメージをお持ちではないでしょうか?

キャバクラ→深夜営業NG
ガールズバー→深夜営業OK

実はこれは厳密には間違いで、深夜営業がOKになるかどうかは接待を提供するかどうかに係っています。ガールズバーの体をとっていても、接待行為が伴う場合はキャバクラに対するものと同様の規制が適用されますのでご注意ください。

風営法における接待について

風営法における接待とは

注意すべき点

バーのイメージ画像

ここで簡単にまとめてみましょう。

業態手続き営業時間接待
接待を伴う飲食店飲食店営業許可

風俗営業許可
0〜6時は営業不可
接待を伴わない飲食店(お酒メイン)飲食店営業許可

深夜営業の届出
一日中
食事メインの飲食店飲食店営業許可のみ一日中

接待を伴う営業形態の場合、深夜営業(午前0時〜6時)を行うことはできません。逆にそれ以外の営業形態の場合、有効な許可を受けるか届出をすれば一日中営業することが可能になりますが接待を提供することはできません。

なお、風営法の許可と深夜営業(深夜における酒類提供飲食店営業)の届出は、ひとつの営業所について同時に申請することができません。事実上、午前0時〜6時の間に接待を提供できる営業形態は存在しません。

これを認めてしまうと「善良の風俗と清浄な風俗環境を保持」することを目的として風俗営業を許可制とした風営法の主旨を損なってしまうからです。

この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

(風営法第1条)

業態を選択する際のポイント

カウンターに置いたジントニックの画像

接待を提供する限り深夜営業を行うことはできません。
深夜営業を行う限り接待を提供することはできません。

どちらも一長一短です。次のような点も考慮して選択するようにしましょう。

深夜営業接待営業
接待禁止可能
営業時間届出をすれば自由6時〜24時前
手続き届出(比較的容易)許可(厳しい)
規制やや厳しい厳しい
開店までの期間1ヶ月程度2ヶ月程度
人件費やや高い高い
サービスのメインお酒キャストによる接待
その他昼はカフェ営業で夜はBar営業といった業態も可能深夜帯を超えることがないためキャストが働きやすい

また、風俗営業には「保全対象施設」という概念があり、場所的な制限が深夜営業よりも厳しく設定されているため、現場に赴いてから実は風俗営業許可を取得することが出来ない場所であることが判明し、その場で風俗営業許可申請から深夜営業届出に依頼内容が切り替わることも珍しくありません。その辺りに関してはこちらの埋め込み記事で紹介していますのでご確認ください。

風営法1号営業の許可について

接待飲食店営業許可丨キャバクラ・ラウンジ・スナック等の新規開業について

まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、昨今のナイトビジネスに対する風当たりはますます強くなっています。法令を遵守し適切な営業を心がけ、これからも酒席を盛り上げていただければ幸いです。

弊所でも飲食店営業許可、風俗営業許可、深夜営業の届出についてご相談に応じています。申請のサポートについてもコロナ禍における現状も十分考慮して対応させていただきます。初回相談とお見積りは無料にて承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

事務所の最新情報をお届けします

次の記事

建築一式工事とは