風営法における接待とは

ネオン街の画像

付き合いの席にはお酒が付きものです。二次会なんかでほろ酔いのままふと入ったお店にキレイなお姉さんが多勢いたりすると、行政書士としてどうしても気になってしまうのは以下の点です。

時計の確認(営業時間)
メニュー表(業態)
店内の配置(設備基準)
店員の動き(接待の有無)
もはやこれは行政書士の性(サガ)。

特に気になるのは時計と店員の動きでしょうか。

本稿では風営法という法律で規制の対象となる「接待」について解説しています。深夜営業やナイトビジネスで事業を展開している方や新規参入を検討されている方は特にしっかりと確認するようにしましょう。

接待とは

風営法では風俗営業の接待について、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」と定義しています。

ちょっと何言ってるか分からない。

大人気コンビのあの人に指摘されるまでもなく、これでは抽象的すぎてよくわかりませんよね?

警察庁の解釈基準は以下のとおりです。

行為接待に該当する行為接待に該当しない行為
談笑・お酌特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為①お酌をしたり水割りを作るが速やかにその場を立ち去る行為
②客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為
③これらに付随して社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為
踊り等特定少数の客に対して、専らその客の用に供している客室又は客室内の区画された場所において、歌舞音曲、ダンス、ショウ等を見せ、又は聞かせる行為ホテルのディナーショウのように不特定多数の客に対し、同時に、踊り、ダンス、ショウ等を見せ、又は歌若しくは楽器の演奏を聞かせる行為
歌唱等特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくはほめはやす行為
客と一緒に歌う行為
①客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことを勧奨し、又は不特定の客の歌に対し拍手をしたり、ほめはやす行為
②不特定の客からカラオケの準備の依頼を受ける行為又は歌の伴奏のため楽器を演奏する行為
遊戯等客とともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為客一人で又は客同士で、遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
ボディタッチ客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為①社交儀礼上の握手
②酔客の介抱のため必要な限度で接触する等の行為
③客の荷物、コート等を預かる行為
飲食物の提供客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為

こちらも決して分かりやすい表現とはいえませんが、平たく言い換えをすると、個別に楽しませる行為が接待行為に該当するものと理解してください。

カウンター越しの談笑ならOKでしょ?

こんな風説が流布しているようですが判断基準はそこではありません。極端な話しレストランでもラーメン屋でも、客の傍に座って話し込むような行為を常態とする営業形態は「接待」に該当しますのでご注意ください。

風俗営業許可

キャバレー、クラブ、パブ、スナック、ラウンジ、キャバクラなど様々な業態がありますが、接待を提供するお店は風営法に規定する1号営業に該当します。許可なく接待を提供すると無許可営業として行政処分や刑事処分の対象になります。

風俗営業について

風俗店、風俗営業とは

1号営業の営業許可について

罰則

風営法に規定する罰則は意外に重く、以下のものについては、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金、又はこれらの併科が科されます。なお、刑の執行後5年間は風俗営業を営むことができなくなりますのでご注意ください。

  • 無許可で風俗営業を営んだもの
  • 偽りや不正により許可を取得したもの
  • 名義貸し
  • 営業取消又は停止の処分に違反したもの

まとめ

接待ビジネスに対しては、現在の世情を反映して今後さらに風当たりが厳しくなることが予想されます。接待行為自体は何ら恥ずべき営業形態ではありませんが、規制する法令が存在する以上は適切に運営がなされるべきでしょう。

もはや「知らなかった」で済む時代ではありません。

弊所でも飲食店営業許可、風俗営業許可、深夜営業の届出についてご相談に応じています。申請のサポートについてもコロナ禍における現状も十分考慮して対応させていただきます。初回相談とお見積りは無料にて承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

事務所の最新情報をお届けします