性風俗関連特殊営業とは?今さら聞けないフーゾクのこと

無料案内所の看板

風俗店といえば、実はキャバクラやゲームセンター、ぱちんこ店なども含む広い概念であるということは、ご存じの方も少ないのではないかと思います。

しかし、「風俗」を「フーゾク」とカタカナで表記するだけで、たちまち趣も変わり、いわゆるピンク系のお店の雰囲気が漂ってくるというのが、なんとも不思議な感覚です。

そこで今回は、こちらのピンク系風俗店、すなわち風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)に規定する性風俗関連特殊営業にフォーカスして、その全体像や規制内容について案内させていただきたいと思います。

風俗営業の概要について

性風俗関連特殊営業

性風俗関連特殊営業とは、店舗型性風俗特殊営業、無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業、店舗型電話異性紹介営業及び無店舗型電話異性紹介営業をいう。

(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条5項)

店舗型性風俗特殊営業

読んで字の如く、店舗を設けてサービスを提供する形態の性風俗営業です。規定のある条項の号数をもって、さらに1号営業から6号営業に細分化されています。なお、商業地域以外の用途地域では店舗型性風俗営業を営むことはできません。また、多くの自治体では、新たに店舗型性風俗特殊営業を行うことは禁止されています。この規制は全ての建築物の中で最も厳しいものです。

1号営業

浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業のことを指します。俗にソープランドと呼ばれる施設ですが、法律上は公衆浴場として取り扱われています。

2号営業

個室を設け、個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業のことを指します。店舗型ファッションヘルスがこれに該当します。

3号営業

専ら性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行その他の善良の風俗又は少年の健全な育成に与える影響が著しい興行の用に供する興行場として政令で定めるものを経営する営業のことを指します。個室ビデオ店、のぞき部屋、ストリップ劇場などが該当します。

4号営業

専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業のことを指します。ラブホテルレンタルルームモーテルなどがこれに該当しますが、旅館業法においては、旅館・ホテル営業としても取り扱われています。

5号営業

専ら、性的好奇心をそそる写真、ビデオテープなどを販売し、又は貸し付ける営業のことを指します。俗にいうアダルトグッズショップがこちらに該当します。

6号営業

店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、店舗内においてその者が異性の姿態若しくはその画像を見てした面会の申込みをその異性に取り次ぐこと、又は店舗内に設けた個室若しくはこれに類する施設において異性と面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業のことを指します。具体的には、出会い喫茶ハプニングバーがこちらに該当します。

無店舗型性風俗特殊営業

店舗を設けずにサービスを提供する形態の性風俗営業です。営業の方法によって、さらに1号営業と2号営業に区分されています。

1号営業

人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むものを指します。俗にデリバリーヘルス(デリヘル)と呼ばれている営業がこれに該当します。

2号営業

電話その他の国家公安委員会規則で定める方法による客の依頼を受けて、専ら性的好奇心をそそる写真などの物品を販売し、又は貸し付ける営業で、当該物品を配達し、又は配達させることにより営むもののことを指します。アダルトビデオなどの通信販売営業等が該当します。

映像送信型性風俗特殊営業

専ら性的好奇心をそそるため性的な行為を表す場面又は衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる営業で、電気通信設備を用いてその客に当該映像を伝達すること(放送又は有線放送に該当するものを除く)により営むものを指します。俗にいうアダルトサイトの運営がこれに該当します。

電話異性紹介営業

店舗型電話異性紹介営業

店舗を設けて、専ら面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む)を希望する者に対し、会話(伝言のやり取りを含むものとし、音声によるものに限る)の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによつて営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含む)を指します。入店型のテレフォンクラブなどがこれに該当します。

無店舗型電話異性紹介営業

専ら面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて他の一方の者に取り次ぐことによって営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含むものとし、前項に該当するものを除く)を指します。ツーショットダイヤル携帯電話を利用したテレフォンクラブなどがこれに該当します。

性風俗関連特殊営業の現状

兵庫県における性風俗関連特殊営業

ご覧の通り、兵庫県内ではその全域で店舗型の営業が禁止されています。現状では、店舗型の性風俗営業の新規開業はほぼ不可能であると言ってもいいでしょう。

「あれ?あそこはどうなの?」

そちらに関しては、現在の風営法が改正される以前から既に存在していたお店か、そうでなければ違法営業のお店ではないかと思われます。とにかく新規開業はほぼムリゲーだと思っていただいて間違いありません。

デリヘルの台頭

このような背景から、現在では無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル)映像送信型性風俗特殊営業(アダルトサイト)といった、場所的規制にかからない形態で開業するケースが増えています。ですので、次章でご案内する開業時の手続きは、これらのものについてのみ記述させていただきます。

デリヘル開業の手続き

無店舗型性風俗特殊営業開始届

無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル)の営業を開始しようとする者は、営業開始のおおむね10日前までに、事務所の所在地を管轄する警察署の生活安全課に無店舗型性風俗特殊営業開始届を提出することにより、都道府県公安委員会に対する届出を行う必要があります。

この届出に、風俗営業許可申請等で求められるような人的要件・場所的要件はありません。申請者は、営業の本拠となる事務所を定める必要があります。自宅を事務所として使用することも可能ですが、賃貸借物件の場合は登記簿上の所有者の方から使用承諾を頂く必要があります。(これが実は最難関!)

受付所について

受付所は、サービスを提供する施設ではなく、客がキャストを指名したり、料金を支払ったりするための施設ですが、外見上は店舗型の性風俗営業とは見分けがつきにくいことから、受付所を設置して営業を行うことは、事実上ほぼ不可能であると考えて差し支えありません。

届出確認書

届出後10日を経過すれば営業を開始することができます。公安委員会から「届出確認書」が交付されますが、これを広告宣伝や求人活動の際に提示することが義務付けられています。

アダルトサイト開設の手続き

映像送信型性風俗特殊営業開始届

店舗が存在しないことから、基本的にはデリヘルを開業する際の手続きとほぼ同様の取扱いがなされています。ただし、こちらには「受付所」という概念も存在しないため、デリヘルにおける受付所に関する規定は除外されています。

オンライン接待について

コロナ禍の煽りを受けて落ち込んだキャバクラ等のナイトビジネスが、インターネットを用いたオンラインでの営業に流れてきています。そこで問題になるのが、映像送信型性風俗特殊営業との関係です。現在のところ、風営法の規定にも警察庁の通達にも、特に踏み込んだ記述がないため推測になりますが、ただ単にオンライン上で接待に類似する行為を提供する営業については、特になんらかの申請をする必要はないものと思われます。

もちろん、あくまでも現時点(令和3年9月時点)における解釈であって、たとえばキワドイ姿でオンライン接待に臨むのであれば話しは別になります。ちょっとこういう形態で営業することを思いついたんだけどどうかな?と思いついたのであれば、どうぞ遠慮なくご相談ください。

しかしながら、出る杭は打たれるといいますし、風俗産業については、行政からも常に厳しい目が向けられている現状があるため、今後はより一層厳格化していくであろうことは、現実問題として容易に予見されています。

届出制と許可制

この辺りについても少し触れておくことにしましょう。一般的に「許可」「届出」では、行政官庁の裁量権が強い「許可」の方が、「届出」よりも手続き的な難易度は高いものとされています。飲食店や風俗営業(キャバクラ等)などが許可を必要とする営業形態に該当するわけですが、規制がさらに厳しそうな性風俗関連特殊営業については、なぜか許可制ではなく届出制が採用されています。

これに関しては、許可制を採用することによって、行政機関が「性」というデリケートな部分に介入し、そこに「許可」という形でもって、いわば「お墨付き」を与えているかのような構図を作り出すことを避けるため、政策的な建前として届出制を採用しているのではないかと考えられています。

よって、届出制を採用しているからといって、そのハードルは、実質的に許可制と変わらない、もしくはそれ以上に厳しい性質のものであると考えていいでしょう。

まとめ

性風俗関連特殊営業は、キャバクラやクラブ等の風俗営業と比較しても断トツに規制が厳しく、営業する場所や時間について、多くの制限を受ける事業形態です。このため店舗型の性風俗営業は鳴りを潜め、変わって比較的規制の緩いデリヘルやアダルトサイトが台頭しています。

そんな中でもやはり違法営業は散見され、摘発事例も跡を絶ちません。これでは風俗産業に対する世間の視線が厳しくなるのも仕方ありません。法令上の要請をすべて満たす営業については立派なビジネスとして成立しています。まずは必要な手続きをクリアして適切な営業を行うことを心がけるようにしましょう。

弊所では、風俗営業許可申請、性風俗関連特殊営業の届出など、風営法上の手続きについてサポートを承っております。基本料金については下記のとおりですが、コロナ禍における現状も踏まえ、柔軟な対応をさせていただいています。風俗産業への参入を検討される際は、まずはお気軽にお問い合わせください。

性風俗関連特殊営業届出無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル、AVの通信販売等)
映像送信型性風俗特殊営業(アダルトサイト等)
77,000円〜
※税込み

事務所の最新情報をお届けします

前の記事

飲み会を語る