京都府で風俗営業をはじめる前に丨京都における風営許可取得のポイントについて

京都鴨川の風景

バー、キャバクラ、お茶屋、料理屋、カフェー、パチンコ店、雀荘、ゲームセンターなどは風営法において風俗営業として取り扱われる営業形態であり、これらを営むためには、公安委員会(警察)から許可を受ける必要があります。

営業許可を申請する際の手続きについては、地域性が重要な要素となっていて、地域ごとに許可取得の難易度や手続きの煩(わずら)わしさに違いが存在します。

弊所は兵庫県尼崎市に立地していますが、京都市東山区をはじめ、京都府の各地において申請と許可の実績を豊富に有します。

そこで本稿では、京都において風俗営業をはじめようとされている皆さまに向けて、京都における風営許可のポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

風俗営業が可能な地域

京都の芸者さん

全国どこでも共通ですが、風俗営業の許可を取得しようとする際に、最も高いハードルとなるのが場所に関する規制です。

せっかく良い物件に巡り会えても、その場所がそもそも営業を禁止されている地域であれば元も子もありません。そのようなことにならないようまずは営業が可能な地域をしっかりと確認し、慎重に物件を選択するように心がけましょう。

京都府条例における地域区分

京都府では都市計画法上の用途地域を基準に3つの地域に区分して規制を行っています。専門用語が多く、やや難解に感じるところではありますが、以後の解説中でも重要なポイントとなる部分であるため、まずはさらっとだけでも把握するようにしてください。

第一種地域第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域及び田園住居地域(第2種地域・第3種地域を除く)
第二種地域①近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域及び工業専用地域(第3種地域を除く)
②第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域のうち国道又は府道の側端から25m以内の地域
③第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域のうち鉄道に係る停車場の周囲50m以内の地域
④その他の地域、第1種地域及び第3種地域以外の地域
第三種地域①中京区の区域のうち三条通、寺町通、中京区と東山区との境界及び中京区と下京区との境界をもって囲む地域
②東山区の区域のうち三条通、松原通、東大路通、東山区と中京区との境界及び東山区と下京区との境界をもって囲む地域
③下京区の区域のうち松原通、寺町通、下京区と中京区との境界及び下京区と東山区との境界をもって囲む地域

このうち風俗営業を営むことができるのは、第二種地域第三種地域に限られます。

営業可能地域

京都における営業可能地域

上記の地域区分に基づくと、京都において風俗営業を営むことができる地域は以下のとおりです。風営法の許可を受ける上で大前提となる条件ですのでしっかりと確認するようにしましょう。

  1. 近隣商業地域
  2. 商業地域
  3. 準工業地域
  4. 工業地域
  5. 工業専用地域
  6. 第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域のうち国道又は府道の側端から25m以内の地域
  7. 第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域のうち鉄道の駅(転轍器を有するもの)の周囲50m以内の地域
  8. 無指定の地域

営業禁止地域

風俗営業が認められるのは、上記のような繁華街であったり、住宅地には馴染みにくかったりする地域です。反対に次のような地域では風俗営業を営むことは禁止されています。

  1. 第1種低層住居専用地域
  2. 第2種低層住居専用地域
  3. 第1種中高層住居専用地域
  4. 第2種中高層住居専用地域
  5. 第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域(第二種地域に該当する地域を除く)
  6. 田園住居地域

したがって、賃貸物件の情報欄に「○○住居地域」の記載がある場合、基本的には風俗営業を行うことができません。(一部の地域を除く)

制限距離に係る施設とは

ご存じの方も多いのですが、風営法の適用を受ける店舗は、病院や学校など「保全対象施設」とされている施設のすぐ近くでは営業を行うことができません。

つまり京都では、第二種または第三種地域であって、なおかつ以下の保全対象施設から一定の距離にある場所でのみ風俗営業を営むことが認められていることになります。

保全対象施設第二種地域第三種地域
①大学以外の学校
②児童福祉施設
③病院及び診療所のうち患者を入院させるための施設を有する診療所
④図書館
100m(1号営業及び5号営業は70m70m(1号営業は50m
①大学
②保健所
③博物館
70m(1号営業は50m50m(1号営業は30m

営業時間

京都府下における風俗営業は、原則として午前0時から午前6時の間(雀荘は深夜0時から午前9時の間、パチンコ店は午後11時から午前10時の間)は営業することができません。

ただし、第三種地域で営業する社交飲食店(1号営業)、低照度飲食店(2号営業)、区画飲食店(3号営業)及び雀荘については、午前1時まで営業時間を延長することができます。

また、次の期間においてはそれぞれの地域と営業形態に応じて延長することができる時刻が定められています。

期間地域延長可能な時刻
12月30日、31日、1月1日京都府全域午前1時
12月29日、30日、31日京都府全域のパチンコ店午前0時
祭礼その他特別の行事の行われる日として公安委員会が告示する日(告示日)公安委員会が告示する地域(告示地域)公安委員会が告示する時
告示地域以外の第三種地域であって社交飲食店(1号営業)、低照度飲食店(2号営業)、区画飲食店(3号営業)及び雀荘午前1時
告示日の前日告示地域のパチンコ店午前0時

祇園祭などの期間にパチンコ店が深夜1時まで営業していることがあるのはこのためです。なお、この規定が存在するのは、トイレと駐車場を確保するためだと言われています。

まとめ

風俗営業は、風営法に加えて各自治体条例の影響を強く受ける営業形態です。規制は市町村条例に及んでいることが多いため、風営法より厳しい京都府条例よりもさらに厳しい市町村条例が適用されている地域もあります。(いわゆる上乗せ条例)

このため、風俗営業を見切り発車することは思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあってリスクが大きい行為です。既に風俗営業を行っている知人が色々と教えてくれたとしても、それがその時期、その地域、その営業形態とすべて合致した正しい情報とは限りません。

いずれにせよ風俗営業をはじめようとする際は、所轄の警察署や風営法に精通した行政書士に相談することを強くお薦めします。

弊所では、風俗営業許可申請に関する面倒な事前調査から関係機関とのやり取りを含めて、まるっとフルサポートさせていただいています。下記の報酬は、市場価格を反映したものですが、弊所は「話しの分かる行政書士事務所」です。さまざまな事情をくんだ上での柔軟な対応には自信があります。見積もりサイトにも負けません。

尼崎市だから余計な出張費用がかかるだなんて心配ご無用です。基本的に旅費だとか日当は一切いただいていません。むしろ京都散策を楽しみにしています。京都で風俗営業許可取得でお困りの際は、ぜひ弊所までお気軽にご相談ください。

風俗営業 社交飲店舗食店、
低照度飲食店、
区画席飲食店
158,000円~
マージャン店、ゲームセンター 165,000円~
パチンコ店 385,000円~
性風俗関連特殊営業届出 無店舗型性風俗特殊営業、映像送信型性風俗特殊営業(アダルトサイト等) 77,000円~
特定遊興飲食店営業許可 ライブハウス・ダンスクラブ等 165,000円~

キャバクラ、ラウンジ、スナック、クラブ、雀荘、パチンコ店、ゲームセンターなど、風俗営業のご相談はお気軽に♬

兵庫大阪京都の全域に対応可能です。

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020 または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

事務所の最新情報をお届けします