4号営業?5号営業?パチンコ台やスロットマシンを設置するゲームセンターについて

スロットマシン

風俗営業といえば、ピンク系のお店をイメージする方も多いのですが、実は雀荘やパチンコ店、ゲームセンターなどもその範疇に含まれていて、営業の際には風俗営業許可を受ける必要があるということについては、すでに色々な記事で明らかにしているとおりです。

このうち少々ややこしいのが、雀荘とパチンコ店が属する「4号営業」と、ゲームセンターが属する「5号営業」の違いについてです。風営法では、この2つの営業形態について、以下のような文言で区分を行っています。

4号営業マージャン屋、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
5号営業スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える店舗その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業

マージャン屋とパチンコ店が4号営業に区分されることは明確にされているので分かりやすいのですが、それではパチンコ台を用いて営業するゲームセンターについては、一体どちらの営業形態に区分されることになるのでしょうか?

実は「4号営業」であるか「5号営業」であるかに関しては、許可を取得する際の重要なポイントとなっていて、たとえば兵庫県においては、「営業することができる場所要件」について、以下のような取扱いの違いが存在しています。

保全対象施設のある場所病院・有床診療所から離すべき距離学校・図書館・保育所・認定こども園から離すべき距離
第二種地域4号営業店は70m超
5号営業店は50m超
4号営業店は100m超
5号営業店は70m超
第三種地域4号営業店は50m超
5号営業店は30m超
4号営業店は70m超
5号営業店は50m超
第四種地域4号営業店は30m超
5号営業店は規定なし
4号営業店は50m超
5号営業店は30m超

兵庫県の地域区分と保全対象施設については、それぞれの記事内において詳細を述べているため割愛しますが、ざっと見ても、4号営業の方が明らかに規制が厳しいことがお分かりいただけるのではないかと思います。このほか、イメージ的な問題もあり、パチンコ店につきまとう周辺住民のアレルギー反応から反対運動に発展し、結果として撤退を余儀なくされるといったパターンも考えられます。

さて、話しは戻って先ほどのパチンコ台を用いて営業するゲームセンターについてですが、念のため兵庫県警本部と大阪府警本部に問い合わせたところ、双方ともに以下のような回答(要約)がなされました。

営業形態がゲームセンターであるならば、それはゲームセンターです。遊戯の結果に応じて景品を提供するような形態であれば、それはパチンコ店とみなされます。また、現行機を使用するなど、パチンコ店に即転用できるタイプの台を用いるのであれば、警察としても検査を重ねるなど対応を迫ります。

まぁご自身が考えている営業形態にご不安な点があるならば、所轄の警察署にたずねるか、風営法に精通した行政書士を探して事前に相談することをお薦めしておきます^^

事務所の最新情報をお届けします