猫カフェはじめませんか?動物系飲食店開店ガイド

あなたは犬派ですか?猫派ですか?

この質問が、きのこの山たけのこの里論争と並ぶ、国民を二分する論争の種であることは間違いありません。愛くるしい犬猫の仕草に癒やしを求める人は多く、また、どちらの派閥に属するのかによって性格診断を行う書籍やサイトも存在するくらい、ある意味で国民性にマッチしたテーマであるように思います。かくいう私はというと、「やや猫派」を自認しています。そしてたけのこの里派。

さて、日本においては2000年代中期より見かける機会が増えた「猫カフェ」ですが、このタイプのお店を開業する際に必要となる資格や手続きについては、案外知られていないのが実情のように思います。

そこで本稿では、「気にはなっているけれどそういえばどうなってるの?」という皆さまの疑問にお応えするために、「猫カフェ」に代表される動物系飲食店にまつわる資格や手続きについて解説していきたいと思います。

カフェの開業に必要な資格

誰でも簡単に開業することができるわけではありません。動物の取扱いと飲食店の営業は、どちらも公衆衛生上の条件を満たして運営する必要があります。営利を目的として動物を扱う事業は第一種動物取扱業に該当し、カフェの運営は調理業に該当します。これらの事業はそれぞれ「第一種動物取扱業」の登録と、「飲食店営業許可」の取得が必要になります。

また、第一種動物取扱業の営業所には動物取扱責任者、調理業の営業所には食品衛生責任者などの資格を持った者を選任する必要もあり、実質的にはこれらが動物系飲食店を開業する際に必要な資格となります。

動物取扱業とは

動物愛護法では、動物取扱業を、動物の販売(取次又は代理を含む)、保管、貸出、訓練、展示(動物との触れ合いの機会の提供を含む)その他政令で定める取扱いを業として行うことと定義しています。

ここでいう「動物」とは、哺乳類、鳥類又は爬は虫類に属するものを指し、畜産農業に係るもの及び試験研究用又は生物学的製剤の製造の用その他政令で定める用途に供するために飼養又は保管しているものは除かれています。したがって、魚類や両生類のほか、試験研究用のマウスなどはこの対象からは除外されてることになります。

なお、動物取扱業は「第一種」と「第二種」に区分されていますが、この違いは、営利目的であるか、非営利事業であるかの違いになります。

種別目的事業内容
第一種動物取扱業営利目的販売・保管 ・ 貸出・ 訓練・展示 ・競りあっせん・譲受飼養
第二種動物取扱業非営利目的(同上)

インターネット等を利用した代理販売業者や訪問ペットシッターなどのように、動物またはその飼養施設を持っていない場合であっても登録の対象となります。

なお、一定以上の頻度又は取扱量をもってこれらの行為を行っていることが事業性の要件であるため、例えば一度や二度、飼育している子犬や子猫を販売する程度であるならば、動物取扱業には該当しません。

種別事業内容該当事業者の一例
 販売動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖
又は輸入を行う業者
 保管保管を目的に顧客の動物を預かる業ペットホテル業者、美容業者(動物を
預かる場合)、ペットシッター
 貸出愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸出す業ペットレンタル業者、映画等のタレント・
モデル・繁殖用等の動物派遣業者
 訓練顧客の動物を預かり訓練を行う業動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示動物を見せる業
(動物とのふれあいの提供を含む)
動物園、水族館、動物サーカス、乗馬施設、アニマルセラピー業者
競りあっせん 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法で行う業オークション会場
譲受飼養有償で動物を譲り受けてその飼養を行う業老犬・老猫ホーム

猫カフェの営業形態として、一般的に想定されているのは「展示」です。一方で、昨今流行している里親を募集するタイプの「保護猫カフェ」では、顧客から預かった猫を保管し、里親を探す営業形態であることから、「展示」のほかに「保管」の種別を登録する必要があります。

種別がよく分からないというケースも多いので、この辺りの具体的判断については、所轄の保健所等にしっかりと確認するようにしましょう。

動物取扱業の登録

動物取扱業を営むためには、都道府県知事(政令市にあってはその長)の登録を受ける必要があります。登録が必要となる取扱動物の対象範囲は、哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物に限られ、先述したように魚類や両生類、畜産農業に係る動物及び実験等に利用されることを目的に飼養又は繁殖・生産される動物は除外されています。

登録の基準・要件

動物取扱業の登録を受けるためには、事業所ごとに専属かつ常勤の「動物取扱責任者」を1名以上配置する必要があります。その他にも設備等の基準など、意外に多くの条件をクリアすることが求められますので、開業準備の際は、事前に必ず確認するようにしてください。

チェックリスト1
チェックリスト2
■登録は5年ごとの更新が必要です。

動物取扱責任者

動物取扱責任者には次の3つの要件のうち、いずれかを満たすことが必要です。なお、動物取扱責任者は、動物取扱責任者研修を1年に1回以上受ける必要があります。

営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があること
営もうとする第一種動物取扱業の種別に係わる知識及び技術について1年間以上教育する学校法人その他の教育機関を卒業していること
公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

特定動物取扱の許可

特定動物に該当する動物を取り扱う場合には、都道府県知事の許可を受ける必要があるほか、特定動物飼養や保管の届出も必要となります。特定動物とは、人の生命や身体や財産に害を与える可能性がある動物のことで、ライオンや象、ニホンザルなどがこれに該当します。本稿ではカフェ形態の動物取扱業を想定しているので、こちらはあまり関係ないかもしれません。

必要となる設備

第一種動物取扱業者は、動物の健康及び安全を保持するとともに、生活環境の保全上の支障が生ずることを防止するため、その取り扱う動物の管理の方法等に関し、環境省令で定める基準を遵守しなければならないと定められています。そもそも必要となる設備は、猫が快適に生活するためのものです。顧客として集まった猫好きも厳しい目でチェックしていることでしょう。法定の基準を満たすだけではなく、こういった点も重視して物件を探すようにしましょう。次のような点についてもご注意ください。

猫にとって適切な広さと空間を確保すること
猫が逃げ出さないように内装も工夫すること
給水・給餌器具や遊具なども用意すること
トイレは掃除しやすい場所に設置すること
換気システムをしっかり設けること
カフェとしての設備も整えること

地域や建物によっては、第一種動物取扱業を営むことができない場合もあるため、オープンを予定している地域が決まったら、その地域の役所に相談するようにしましょう。

営業時間

動物取扱業の営業時間は1日12時間以内、かつ、午後8時までと決められています。ただし、次の3条件を満たす猫カフェについては、例外的に午後10時まで営業することが認められています。

生後1年以上であること
午後8時〜10時までの2時間で、休息できる設備に自由に移動することができること
1日の展示の時間が12時間以上にならないこと

動物取扱業についてより詳しくは、こちらからご確認ください。

飲食店営業許可

猫カフェですのでカフェとして飲食店営業許可を取得する必要もあります。都道府県知事の許可を受けることになりますが、申請先は営業地を管轄する保健所です。ただし、自動販売機のみを設置する店舗や、既製品の飲食物のみを提供する営業形態の店舗(いわゆるイートイン)であれば飲食店営業許可は不要です。

飲食店は営業所ごとに食品衛生責任者を設置する必要があります。また、店舗の収容人数が30人を超える場合は、防火管理者も設置する必要があります。飲食店営業許可については下の埋め込み記事に詳細を記していますので、こちらもしっかり確認するようにしてください。

開業に必要な資金

猫カフェを運営するうえでは、手続きよりも資金繰りが重要です。動物取扱業が命を扱う事業である以上、その命は管理する人間に委ねられています。店舗や利益の維持に加え、命の保護という観点を忘れずに必要資金を試算するようにしましょう。

家賃

人にとっても猫にとっても適切な広さと空間を確保することが必要なことから、家賃も通常のカフェより多めに見積もりましょう。

水道光熱費

猫を保管する場所が必要ですので、保管場所で使用する水道光熱費についても見積もりましょう。夏は冷房、冬は暖房をフル稼働させることも念頭に、一般の店舗よりも多めに試算する必要がありそうです。

設備費用

初期費用として80万〜100万円、内装をすればさらに高くなります。また、猫が設備や備品を壊してしまうことも考えられますので、最初から丈夫な物を用意するか、消耗品費用としてある程度余裕を持って試算することが必要です。

人件費

猫の世話から接客までを完全に1人でこなすのはなかなか厳しいように思います。フルタイムの従業員1人あたり月20万〜25万円の給与の支払いを念頭に置きましょう。

猫に関する費用

猫を新たに購入する場合は1匹あたり15〜20万円の費用がかかります。仮に5匹としても75〜100万円の出費となります。

エサ代

1匹あたり月2000〜3000円ほどでしょうか。仮に5匹飼育するとすれば1か月あたり1〜1.5万円が必要となります。

保険医療費

命の保護という観点を捉えると、こちらは欠かせない出費です。一般的に動物の医療費は高額ですので、1匹あたりざっくりと月1〜2万円を想定しましょう。

宣伝広告費

販促ツールとしてもはやHPは欠かせません。ご自身で作成するなら費用はグッと抑えられますが、外注すると最低でも15万円は必要です。余談ですが弊HPは2代目であり、初代HPは60万円支払って外注し失敗しました。出来る限りご自身で作成することをお薦めしておきます。

飲食物の仕入れ費用

カフェですので当然飲食物の材料費が必要となります。提供するメニューによりますが、軽食でも月15〜20万円の出費を想定しましょう。

まとめ

動物に癒やしを求める方であれば猫カフェをはじめとする動物取扱業は魅力的な事業に映るかもしれません。しかし、上でも述べているとおり、動物取扱業は命を扱う事業形態でもあります。軽い気持ちで手をつけるのではなく、資金調達方法も含めてしっかりとした経営計画を練ってから開業するようにしましょう。猫への愛情も忘れずに取り組んでください。

動物愛護法もチェック!(外部リンク)

ところで話しはそれますが、私は以前Twitter上でこのような発言をしています。

今回寄稿しようと思ったのは、不意にこれを思い出したからです。笑

広瀬さんに限らず、猫カフェはじめ動物取扱業の開業をご検討中の皆さまには、行政書士としてしっかりサポートさせていただきます。まずはご遠慮なくご相談ください^^

第一種動物取扱業登録申請55,000円
飲食店営業許可申請38,500円
猫カフェ開業支援
(フルサポート)
77,000円
※税込み

猫カフェ、動物取扱業開業の際のご相談はお気軽に♬

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、川西市、大阪市、豊中市を中心に兵庫大阪の全域に対応可能です。

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020 または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

事務所の最新情報をお届けします