キャバクラとラウンジってどう違うの?クラブ?スナック?バー?パブ?それぞれの違いを徹底解説

バーのカウンター
「キャバクラとラウンジって違うんですか?」

ふとこんな質問をされたので答えてみました。しかしまぁなるほど。業界に身を置くか興味を持っていないと確かにわからないことですよね。「お好み焼き」でいうところの「大阪焼き」と「広島焼き」の違いみたいなものでしょうか。あるいは「きのこの山」「たけのこの里」

そこで本稿では、最近はGoogleさんからも「飲食店と風営法の専門家」と評価されることの多い行政書士が、この辺りの違いについて解説していきたいと思います。

なお、これからご紹介するお店は「風俗営業」に該当する可能性の高い業態ですので、まずはこちらの記事でその全体像についてご確認ください。

風俗営業の全体像について

風俗店、風俗営業とは丨開業丨許可丨届出

キャバクラとは

まずは接待営業の王道とも言えるキャバクラについてです。こちらは映画やドラマのようなメディアにも作品の舞台としてたびたび登場することからも、一般層における認知度も非常に高いですよね。何ならキレイな女性がいてお酒を飲めるお店はすべてキャバクラだと思っている方すらいるような気がします。

語源は「キャバレー」と「クラブ」を掛け合わせた造語で、かつ和製外来語です。したがって、海外で「Where is Kyabakura?」(キャバクラはどこにありますか?)と尋ねても、「What?」と返ってくることになります。ちなみに「キャバレー」もいわゆる「ホステス」といわれる従業員が客をもてなす形態の飲食店ですが、舞台があったりショーが楽しめたり、より娯楽的で大衆的な雰囲気のある施設でした。現在はほぼ見かけることはありません。「クラブ」については後述しますが、要するにキャバクラは、キャバレーのような大衆的な雰囲気と、クラブのような高級感を合わせ持つことを意図したものです。

料金体系については時間制を採用しています。また、男性従業員がもてなす形態のお店には「ホストクラブ」や「メンズキャバクラ」といったものがあります。

ラウンジとは

ラウンジは、本来は空港やホテルなどでソファーを設置する待合場所のことを意味します。弊所が入居するオフィスビルにもこの名称のスペースは存在しています。ここから転じ、おもに西日本においてソファに腰掛けた客の隣に女性従業員がついてお酒を提供する接待飲食店をこう呼称しています。座席には全体的に余裕があり、比較的静かな印象があります。

また、特色としては「ママ」や「チーママ」といった役職がお店を取り仕切ることが多いです。キャストが個別に接待するというよりも、店全体で接待を行うといった感じです。また、「ボーイ」や「黒服」といった従業員はいたりいなかったりします。この点が前述したキャバクラとの違いになります。料金も比較的リーゾナブルであることが多く、後述の「クラブ」とも異なります。

クラブとは

キャバクラが「大衆性」を前面的に打ち出す飲食店であるならば、クラブは「高級感」をセールスポイントにした接待飲食店です。会員制であったり、一見さんお断りだったり、お酒の銘柄も高級であったりと、あえて敷居を高く設定している場合がほとんどです。時間無制限のフリータイム制であることが多いため、ゆったりとくつろぎながら飲食を楽しめる雰囲気があります。また、ラウンジと同様に、「ママ」や「チーママ」が現場を取り仕切ります。

スナックとは

スナックとは、地域密着型のカウンター付きの飲食店のことです。そもそも「スナック」の語源は「軽食」を意味しており、軽食を提供するお酒メインの飲食店がこちらに該当します。ちなみに正式には「スナックバー」です。

スナック=「ママ」のイメージがあるくらい「ママ」の色が濃く出るお店です。むしろメインは「ママ」の人柄ではないかと思うくらい、「ママ」が重要なポジションを担います。

こちらに関しては、接待飲食店として風俗営業許可を受けていないことが意外に多いです。スナックだから風俗営業は必要ないということはなく、要するに「接待」を提供するか否かがポイントです。接待については下の過去記事を参考にしていただければ幸いです。

バーとは

カウンターの向こう側に「マスター」といわれる責任者や「バーテンダー」がいて、お酒を提供してくれる形態の飲食店がこちらです。ひとり、もしくは少人数で純粋にお酒の味を楽しめる雰囲気があります。

お酒をグラス1杯ずつ提供するバーを和製英語ながらショットバーと称することもあります。様々なバーの形態があり、酒類を限定した焼酎バーやワインバー、ダーツを楽しめるダーツバー、大画面でスポーツ観戦を楽しめるスポーツバーなども点在しています。

最近はガールズバーやボーイズバーといった形態の飲食店が台頭してきていますが、こちらは風俗営業との兼ね合いで、その線引きが少し問題となることがあります。こちらに関しても下の過去記事を参考にしてみてください。

パブとは

元々はイギリスにおいて「酒場」を意味する言葉でした。日本ではあまり馴染みはありませんが、「洋風居酒屋」をこう呼称することがあり、「アイリッシュパブ」という名称で繁華街では時折見かけることができます。

バーと同じように様々なコンセプトを打ち出すお店が多いですが、どちらかといえば多人数でワイワイと飲食を楽しむ「居酒屋」のイメージがあります。

重要なポイント

ここまで解説させていただきましたが、これらの飲食店は何か法令で明確に区分されている訳ではありません。「スナック」を名乗れば「スナック」ですし、「バー」を名乗ればそれは「バー」です。したがって、私の認識がすべて正しいということは保証できません。実際に地方によっては呼称が違っていたり、本来の語句とはかけ離れてしまった形態のお店も多く存在しています。

そもそも私、行政書士ですし。

行政書士として重要なこと、飲食店の経営者に知っていただきたいのは以下の点です。

  • 接待の有無
  • 営業時間
  • 許可の有無

接待や営業時間については、法令に定めがあります。そもそも飲食店ですので飲食店営業許可は必要ですし、場合によっては風俗営業許可や深夜酒類提供飲食店の届出も必要となります。

以下それぞれについてまとめた記事を埋め込みますので、経営者の皆さまやこれから開業を検討されている方はぜひご一読ください。

風営法における接待について
深夜営業について
接待飲食店の営業許可について

キャバクラ、ラウンジ、スナック、パブ、バー、ホストクラブなど、接待飲食店や深夜営業飲食店開業の際のご相談はお気軽に♬

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、川西市、大阪市、豊中市を中心に兵庫大阪の全域に対応可能です。

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020 または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

事務所の最新情報をお届けします