ゴーストレストラン?新しい飲食店のカタチ

ゴーストレストランのイメージ

ゴーストレストランはご存じですか?禍々しいネーミングではありますが、現在飲食業界でも注目を浴びている新しいカタチのレストランです。

外食産業が新型コロナウイルス感染症流行の煽りを受け停滞する中、この新しいスタイルでの開業や業態への変更が増加しつつあります。

今回はそんなゴーストレストラン事業の展開を検討される皆さまのために、そのメリットデメリットや必要となるお手続きをご案内したいと思います。

テイクアウト・デリバリーについて

意外な落とし穴も。飲食店のテイクアウト、デリバリーについて。

ゴーストレストランって?

業務用ガスコンロ

ゴーストレストランは、店舗を持たずシェアキッチンなどを利用して調理を行い、インターネットやアプリを用いたデリバリーを中心に営業を行う新しいスタイルのレストランのことをいいます。

要するに、厨房はあるけど客室がないスタイルの飲食店ということになります。

このスタイルのレストランが流行りつつあるのは、以下のような理由が考えられます。

  • ウィズコロナ新時代の新しい生活様式への適応
  • デリバリー代行サービスの普及と充実
  • ビジネスチャンスの拡大

仕出しや出前は旧来より日本に根付いた文化でしたが、コロナ禍を経てその潜在的な需要が急速に伸びた形です。

ゴーストレストランのメリットとデメリット

シーソーのイラスト

メリット

初期費用が抑えられる

通常、新規開業にかかる設備投資など数百万円から一千万円程度の費用が、シェアキッチンなどを利用することにより数十万円程度に抑えることも可能になります。

これは初期費用の投資が回収できないまま開業後数年で閉店してしまう店舗が多い飲食店ならではの大きなメリットだといえます。

ランニングコストも抑えられる

集客に適した物件を選択する必要がないので、家賃を抑えることができます。シェアキッチンであれば尚更でしょう。

また、ホールスタッフを雇う必要が無いので人件費を抑えることもできます。

シェア店舗同士の交流

シェア店舗同士の交流が新しいアイデアやイノベーションを生み出すことも期待できます。

軌道修正や業態の変更がしやすい

顧客と接するのが料理であるため、店舗の内装にこだわる必要もなく、そのコンセプトも容易に変更することができます。和食から洋食へモデルチェンジするような大胆な軌道修正も、低コストで行えるのは大きなメリットです。

天候や気候に左右されにくい

顧客が店舗に足を運ぶ必要がないため、天候や気候の変化に売上げが左右されません。むしろ、悪天候の日には外出を控えるので売上げがアップすることも見込めます。

新しい生活様式に適合している

顧客との直接的な接触や顧客同士の接触がなくなるため、推奨されている新しい生活様式には適合したスタイルであるといえます。

デメリット

シェア店舗同士の軋轢

シェア店舗同士の交流はメリットにもなりますが、デメリットにもなりえます。限られたスペースや時間をいかにシェアするか、食材や機材の管理をどうするかなど、さまざまな工夫が必要となります。

顧客との人間関係が作りにくい

店舗に顧客が足を運ぶことがないので、当然ながら人間関係は作りにくくなります。人間力が魅力の店舗もたくさんあるので、その魅力を活かしきれなくなるのはデメリットといえそうです。

システムの利用料がかかる

集客や宅配のシステム利用料が必要になります。こちらに関しましては自ら用意した場合でも必要となるコストですので一概にデメリットとも言いきれませんが、想像よりはお安くないので、この点はしっかり原価に参入して売価を設定するようにしましょう。

集客の方法が限られる

一般のレストランは看板や外装、外から見える中の様子や雰囲気で集客することもできますが、ゴーストレストランは集客をサイトに依存してしまうため、その方法は限られているといえるでしょう。

必要な手続き

デリバリーする男性

ゴーストレストランであっても、調理場として使用する店舗については、飲食店営業許可を受ける必要があるのは通常の飲食店と同様です。また、基本的に改装しないままの自宅開業は困難です。

飲食店許可の概要について

この点、既に飲食店営業許可を受けている店舗を間借りしたり、シェアリングする場合は新たな営業許可を受ける必要はありません。ただ、この場合であっても食品衛生責任者の資格は必要となりますのでご注意ください。その他にもデリバリー代行サービスへの登録が必要となります。

飲食店お手続きサポート

開業準備には他にやらなければならないことがたくさんありますし、事務手続きに費やす時間を他に回すことができればスタートダッシュとともに売り上げUPにも期待ができます。人生でそう何度も経験する必要のない手続きに時間と手間を取られることもないように思います。

面倒な手続きは専門家に任せませんか?

コロナ禍における現状を鑑みて、期間限定の割引プランをご用意させていただきました。飲食店大好き行政書士が全力で支援させていただきます。

ゴーストレストランに関しましては、行政に対する手続きに加えて店舗の選択の段階から交渉や調整が必要となることから、すべてのお手続きの代理をご希望される場合、割増料金をいただいた上でお受けしています。この場合でも、諸事情は加味させていただきます。※許可申請だけなら通常料金です。

初回の相談は無料にて行っております。もちろんお見積もりも無料です。まずはお気軽にご相談ください。

手続き区分旧料金(税込)新料金(税込)
飲食店営業許可新規44,000円~38,500円
更新33,000円~27,500円
変更22,000円~17,500円
食品販売業、製造業、処理業営業許可新規77,000円~71,500円
更新22,000円~17,500円
変更22,000円~17,500円
深夜における酒類提供飲食店届出88,000円~77,000円
飲食店営業許可
+
深夜における酒類提供飲食店届出
110,000円~99,000円
対応エリア

尼崎、西宮、芦屋、神戸、伊丹、宝塚、大阪、豊中など阪神地域全域に対応しております。その他の地域でもご相談に応じますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

事務所の最新情報をお届けします