飲食店における「客室」「客席」の定義とは

カフェの客席

飲食店に関する許認可や届出を請け負っていると、客室(客席)とそれ以外を明確に区分しなければならない場面が結構出てきます。中には、客室床面積の広さを許認可の条件に含む手続きもありますので、実はかなりの重要ポイントだったりもします。(深夜酒類提供飲食店の個室は9.5㎡以上、風俗営業店の個室は16.5㎡以上など)

客室とは、客に飲食をさせ、又は客に遊興をさせるために客に利用させる場所を指します。例えば、調理場、洗面所、和風の営業所における床の間・押入れ・廊下、ショーや歌舞音曲を実演するためのステージで客が位置しないもの等は、客室には含まれません。

また、客席とは、客に飲食をさせるために設けられた食卓、椅子その他の設備及び当該設備を使用する客が通常利用する客室の部分を指します。

この定義でいくと、客が通常使用する、椅子、テーブル、ソファー、カラオケステージなどのほか、客が使用するであろう位置にあるボトル棚、ついたて、飾り棚なども客室(客席)に含まれることになります。逆に言えば、単なる建物の柱や、キャストが使用する衣装棚などは客室にも客席にも該当しません。

少々ややこしいのが、バーカウンターについてです。カウンターテーブルの場合、客がお酒を飲んだりカラオケをする外側の部分については客室(客席)とみなされますが、内側の客が位置しない部分、おもに従業員側が使用する部分については調理場として扱われます。

ですが実務上は結構ケースバイケースで、実際に弊所が請け負った事案においては、以下の3パターンが存在しました。

  1. カウンターすべてを客室に含めるパターン
  2. カウンターの半分を客室に含めるパターン
  3. カウンターすべてを客室から除くパターン

3のパターンは、遊技を提供する風営法5号営業を取得した飲食店において経験があります。担当者いわく、「カウンターでは遊技を提供しないので客室には該当しない」とのことでした。

結局、地域や管轄による違いもありますので、この辺りについては事前に管轄行政庁に確認するか、飲食店の手続きに詳しい行政書士に相談することが無難なように思います。

事務所の最新情報をお届けします