出会い系サイト・マッチングアプリの運営に資格や許可は必要なの?│インターネット異性紹介事業とは

マッチングアプリのイメージ

あの国民的猫型ロボット誕生まで100年を切ってはや数年、同世界線に登場する何とかマシンに至っては、発明(設定上は2009年)されてから既に10余年の年月が経過しているという時間軸。昭和の最後を生きた世代としては、まさに未来世界を体感しているような感覚に陥ることがあります。

さて、現代社会において欠かすことができないインフラと化したインターネットですが、面識がなくとも交流ができるという便利なツールである反面、運用を誤ると事件や犯罪に巻き込まれるリスクも常に同居しているという点については十分に留意する必要があるでしょう。

そこで本稿では、インターネットを利用した事業形態のひとつである出会い系サイトやマッチングアプリ(インターネット異性紹介事業)に焦点を当て、運営する際に必要となる資格や手続きを紹介するとともに、適切な運営がなされるよう重要なポイントについて解説していきたいと思います。

インターネット異性紹介事業とは

インターネット異性紹介事業とは、面識のない異性との交際を希望する者(異性交際希望者)の求めに応じ、その異性交際に関する情報をインターネットを利用して公衆が閲覧することができる状態に置いてこれに伝達し、かつ、当該情報の伝達を受けた異性交際希望者が電子メールその他の電気通信を利用して当該情報に係る異性交際希望者と相互に連絡することができるようにする役務を提供する事業をいう。

(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律第2条第1項第2号)

何となく風営法のイメージがありますが、インターネット異性紹介事業の規制については、このインターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サイト規制法)という法律が根拠法となっています。

条文はいちいち長いので、分かりやすく砕いて解説します。要するにインターネット異性紹介事業とは、次の4つの要件を満たす事業のことを指します。

  1. 面識のない異性との交際を希望する者の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを提供していること
  2. 異性交際希望者の異性交際に関する情報を公衆が閲覧できるサービスであること
  3. インターネット上の電子掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交際希望者が、その情報を掲載した異性交際希望者と電子メール等を利用して相互に連絡することができるようにするサービスであること
  4. 有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供していること

マッチングアプリであろうが婚活アプリであろうが名称やシステムは関係ありません。無償によるサービスであっても、これらの要件を満たす事業はインターネット異性紹介事業に該当します。

極端な話し、このサイトのコメント欄を公開して異性交際者の交流の場を設けてしまえば、弊所(というか私)もインターネット異性紹介事業者に該当してしまうわけです。

しませんけども。

なお、あくまで「異性紹介事業」ですので、「同性」の紹介は規制の対象となっていないこともポイントです。

禁止誘引行為

インターネット異性紹介事業を利用して行う次の行為を禁止誘引行為といい、何人であってもこれらの行為を行うことはできません。

  • 児童を性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、他人の性器等を触り、若しくは他人に自己の性器等を触らせることをいう。)の相手方となるように誘引すること
  • 人(児童を除く)を児童との性交等の相手方となるように誘引すること
  • 対償を供与することを示して、児童を異性交際(性交等を除く)の相手方となるように誘引すること
  • 対償を受けることを示して、人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること
  • その他、児童を異性交際の相手方となるように誘引し、又は人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること
まぁ言わずもがなですけどね。

インターネット異性紹介事業の届出

インターネット異性紹介事業を行おうとする者は、事業を開始しようとする日の前日までに、事業の本拠となる事務所(事務所のない者にあっては住居)の所在地を管轄する警察署長を経由して、都道府県公安委員会に事業開始届出書を提出する必要があります。事業を廃止したとき、又は届出の内容に変更があったときも同様です。(その日から14日以内)

また、インターネット異性紹介事業は電気通信事業にも該当することから、電気通信事業の届出も併せて行う必要があります。

届け出る事項

  • 氏名又は名称及び住所
  • 代表者の氏名、役員の氏名及び住所(法人)
  • 当該事業につき広告又は宣伝をする場合に当該事業を示すものとして使用する呼称(当該呼称が2以上ある場合にあっては、それら全部の呼称)
  • 事業の本拠となる事務所の所在地
  • 事務所の電話番号その他の連絡先であって国家公安委員会規則で定めるもの
  • 異性交際希望者が児童でないことの確認の実施の方法その他の業務の実施の方法に関する事項で国家公安委員会規則で定めるもの

欠格事由

インターネット異性紹介事業を営むために特別な資格は必要ありませんが、次のいずれかに該当する者は、インターネット異性紹介事業を行うことはできません。

  1. 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、又は出会い系サイト規制法、児童福祉法第60条第1項若しくは児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律に規定する罪を犯して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  3. 最近5年間に命令に違反した者
  4. 暴力団員である者又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  5. 心身の故障によりインターネット異性紹介事業を適正に行うことができない者として国家公安委員会規則で定めるもの
  6. 未成年者(児童でない未成年者にあっては、営業に関し成年者と同一の行為能力を有する者並びにインターネット異性紹介事業者の相続人でその法定代理人が欠格事由のいずれにも該当しないものを除く)
  7. 法人の役員のうちに1〜5のいずれかに該当する者又は児童がいるもの

必要となる書類

  1. 事業開始届出書
  2. 住民票の写し
  3. 欠格事由に該当しない旨の誓約書 
  4. 登記されていないことの証明書
  5. 身分証明書
  6. インターネット異性紹介事業のURLを使用する権限のあることの疎明資料(プロバイダ、レンタル掲示板の運営者等から当該出会い系サイトのURLの割り当てを受けた際の通知書の写し等)
  7. 定款及び登記事項証明書(法人)

届出事業者の義務

このほかにもインターネット異性紹介事業者には、以下のような義務が課せられています。

  • 名義貸しの禁止
  • 児童の利用の禁止の明示
  • 児童でないことの確認
  • 閲覧防止措置義務
電気通信事業について

まとめ

インターネットを利用した事業は盛況を極めています。現在の社会情勢を鑑みても、これからもますます発展していくように思われます。時代に応じて人と人との関わり方も変化していくものですが、それは決して悪いことではありません。

現に今もこうしてインターネットを通じた皆さまとつながっているのですから。(詩人)

いずれにせよ重要なことは、現実世界でもインターネット世界でもしっかりとリテラシーを維持することです。インターネットも銃や刀と同様です。正しく運用して便利に役立てるようにしましょう。

さて、弊所でもインターネットを利用した営業活動を行っています。ご面倒なお手続きをさくっと迅速にサポートさせていただきます。本稿を一読し、興味を持っていただけた方はぜひお気軽にご相談ください^^

インターネット異性紹介事業届出44,000円
インターネット異性紹介事業届出
+
電気通信事業届出
66,000円
インターネット異性紹介事業登録申請
+
電気通信事業登録申請
77,000円
電気通信事業届出33,000円
電気通信事業登録申請44,000円
※税込み

出会い系サイト・マッチングアプリなどインターネット異性紹介事業の手続についてお悩みの方はお気軽にご相談ください♬

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、伊丹市、宝塚市、川西市、大阪市、豊中市を中心に兵庫大阪の全域に対応可能です。

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020
または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

事務所の最新情報をお届けします