建設業と憧れの金看板

ツナグ設備の金看板
※この標識はフィクションです

建設業といえば、憧れるのはやはり金ピカの金看板の取得ではないでしょうか。

人は見た目じゃない!中身や!」と普段から豪語する見た目の良くない私ですが、とはいえ、やはり外からパッと見て入ってくる情報というのは、何ごとにおいても悲しいかな重要な要素です。初見の情報の70%は見た目で決まるというメラビアンの法則も存在していることですし、建設業においてはまさに金看板がこれにあたるのではないでしょうか。

少し話しは逸れますが、こちらをご覧ください。

柔道着と黒帯
行政書士の徽章

黒帯と金バッジ。初めてこれらを着用した時は、嬉しくて小躍りしたものです。黒帯取得後すぐの頃なんかは意味もなく中学校内を徘徊していたような思い出もあります。やはり外から見える情報は強い^^

そんなわけで、今回は建設業と看板について語っていきたいと思います。

そんなことには興味がない!すぐに許可が欲しいんだ!という方のためにこちらもご用意しております。

建設業許可を取得する方法

建設業の概要についてはこちらでご確認ください。

建設業許可業者の義務

建設業者は、その店舗及び建設工事(発注者から直接請け負ったものに限る。)の現場ごとに、公衆の見やすい場所に、国土交通省令の定めるところにより、許可を受けた別表第一の下欄の区分による建設業の名称、一般建設業又は特定建設業の別その他国土交通省令で定める事項を記載した標識を掲げなければならない。

(建設業法第40条)

建設業者は、営業所及び建設工事の現場ごとに、公衆の見やすい場所に、標識(建設業の許可票)を掲げなければなりません。

そしてこの標識は、特に金色である必要や金属製である必要もありません。色や素材に指定はなく、極論すればプラスチックのプレートだったりピンク地にデコレーションをあしらったものでも構いません。重要なのは、大きさと記載事項に不備がないことです。

建設業者が掲げる標識の記載事項は、店舗にあっては第一号から第四号までに掲げる事項、建設工事の現場にあっては第一号から第五号までに掲げる事項とする。
一.般建設業又は特定建設業の別
二.許可年月日、許可番号及び許可を受けた建設業
三.商号又は名称
四.代表者の氏名
五.主任技術者又は監理技術者の氏名

(建設業法施行規則第25条)

店舗(本店・支店・営業所における標識は、縦35cm以上、横40cm以上であることが必要です。
建設現場における標識は縦25cm以上、横35cm以上であることが必要です。

当然ですが、許可を受けていない業種を記載することはできません。

建設業を営む者は、当該建設業について、許可を受けていないのに、その許可を受けた建設業者であると明らかに誤認されるおそれのある表示をしてはならない。

(建設業法第40条の2)

金看板の価値

大きさと記載事項を遵守すれば、色や素材は指定されていないというのは先述のとおりです。ですが、せっかく取得したからには業者に発注して見栄えの良いものにすることをおすすめします。

しかし、黒帯(初段)も行政書士の金バッジも、嬉しいのはしばらくの間だけです。2段3段と昇段するにつれ、その喜びも徐々に薄らいでいきます。白状しますと、行政書士のバッジを装着する機会もなくなり…ではなく、かなり少なくなりました。

最後にこちらの画像も添付します。

くすんだ黒帯

黒帯も金バッジもそして金看板も、それはスタートラインに過ぎません。この画像にある黒帯のように、くすませた背景にこそ本当の価値があるのではないかと思います。

私のバッジもまだまだ金ピカのままです。いぶし銀の輝きを放つその日まで、お互いに精進しましょう^^

その他建設業許可についてはこちらの記事でも取り扱っております。よろしければぜひ参照してみてください^^

建設業許可が不要な軽微な工事についてはこちら
建設業許可の経管要件についてはこちら
建設業許可の専技要件についてはこちら
建設業許可の財産的要件についてはこちら
建設業許可の欠格要件と誠実性についてはこちら
建設業許可の社会保険加入要件についてはこちら
電気工事業の登録についてはこちら
解体工事業の登録についてはこちら


兵庫県尼崎市道意町7-1-3エーリックビル6D
阪神尼崎センタープール前駅徒歩8分
06-6415-9020
(お急ぎの方は、090-1911-1497

ロゴマーク+屋号

事務所の最新情報をお届けします